ここから本文です

日商 三村会頭「大きな場で議論」

12/5(火) 23:13配信

ホウドウキョク

「オープンな議論」を要望。
三村日商会頭は「(事業主拠出金の引き上げには)商工会議所としては反対した。オープンな場で議論を進めて、結論を出していただきたい」と述べた。
日商の三村会頭は、定例会見で、安倍首相が子育て支援をめぐり、経済界に3,000億円の負担を要請したことに対し、「容認していない」とあらためて強調したうえで、事業主拠出金が「どういう形で運用され、どういう人がメリットを受けているのか。関係者の要望を聞いたうえで、結論を出してほしい」と述べた。
2017年度は、拠出金4,000億円規模の6割弱を、中小企業が負担しているということで、日商は、「子育て支援は、安定的な財源確保のためにも、税による恒久財源で賄うべきだ」と主張している。
一方、経団連の榊原会長は、中小企業への配慮などを前提に、3,000億円を上限とした、追加負担を受け入れる考えを示していた。

・動画だからわかる「日商 三村会頭「大きな場で議論」」

最終更新:12/5(火) 23:13
ホウドウキョク