ここから本文です

MVPに川崎の小林悠…J表彰、得点王と2冠

12/5(火) 21:52配信

読売新聞

 2017年度のJリーグ表彰式が5日、横浜アリーナで行われ、最優秀選手賞(MVP)には、主将として川崎をJ1初優勝に導いたFW小林悠(30)が初めて選ばれた。

 川崎からの選出は昨年度のMF中村に続いて2季連続。23得点を挙げた小林は、史上6人目の得点王とのダブル受賞となった。ベストイレブンには、小林、中村を含め、川崎から最多の4人が入った。

 ベストイレブンは、J1の18クラブの監督と、今季のJ1リーグで17試合以上に出場した選手の投票をもとに選ばれ、最優秀選手はベストイレブンの投票を参考に、村井満チェアマンやJ1クラブの代表らでつくる選考委員会が選出した。ベストイレブンには、2位の鹿島、3位のC大阪から2人ずつが入り、川崎・中村の7度目が最多で、計7人が初受賞というフレッシュな顔ぶれとなった。

最終更新:12/11(月) 1:25
読売新聞

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合