ここから本文です

23発西武山川が保留「妥協して押すことできない」

12/5(火) 17:14配信

日刊スポーツ

 西武山川穂高内野手(26)が5日、メットライフドーム内で契約交渉に臨み、提示を保留した。

 4年目の今季は自己最多の78試合に出場。5月に1度登録を抹消されたが7月に再昇格し、順位争い佳境の9月からは4番を託された。打率2割9分8厘、23本塁打、61打点をマーク。侍ジャパンにも選ばれ「アジアプロ野球チャンピオンシップ」では4番を務めた。

 球団の提示額と、自身が考えていた額に多少の開きがあった模様で「今年は自分(の成績)に自信があったので、納得して来年に向かうために保留しました。(契約更改は)年に1回ですし、妥協して押すことはできないと思いました」と話した。

最終更新:12/5(火) 20:08
日刊スポーツ