ここから本文です

北國杯スキーに187選手 来月8、13日 白峰で大回転、距離

2017/12/5(火) 1:37配信

北國新聞社

 来年1月8、13日に開催される2018北國杯争奪スキー大会(石川県スキー連盟、本社主催)の出場選手とスタート順が決まった。

 大会は8日に白山市の白峰アルペン競技場で大回転、13日に白峰クロスカントリー競技場で距離(クラシカル走法)が行われ、小学生から社会人までの男女187選手がスピードと技を競う。

 昨季は雪不足のため中止となっただけに、北海道などで練習を重ねている選手の今季に掛ける意気込みは強く、白熱したレースが期待される。

 大回転は8日午前8時50分からインスペクション、同9時20分からの開会式(すぎっこハウス前)後、同9時50分から小学生、マスターズ男子、中学女子、中学男子、一般女子、一般男子の順でスタートする。

 距離は13日午前9時からの開会式後、同10時から一般女子C2キロ、同男子C3キロ、中学女子3キロ、一般女子A5キロ、中学男子5キロ、一般男子B5キロ、高校男子10キロ、一般男子A10キロ、同11時10分から小学女子B2キロ、同男子B2キロ、同女子A3キロ、同男子A3キロの順でスタートする。

北國新聞社

最終更新:2017/12/5(火) 1:37
北國新聞社