ここから本文です

米特別検察官、ドイツ銀にトランプ氏との取引記録提出を要求-関係者

12/5(火) 17:08配信

Bloomberg

モラー米特別検察官は米大統領選挙へのロシア関与疑惑を捜査する中で、トランプ大統領とドイツ銀行の関係に照準を合わせた。

同検察官は数週間前にドイツ銀に召喚状を送り、トランプ氏および親族との関係についての文書を提出させた。説明を受けた関係者が、この動きはまだ公表されていないとして匿名を条件に語った。

ドイツ銀は5日ブルームバーグに宛てた文書で「当行はあらゆる国の捜査当局と常に協力している」とコメント。それ以上の情報は提供しなかった。

トランプ氏は大統領就任前の不動産開発事業に絡みドイツ銀から約3億ドル(約340億円)を借り入れており、民主党議員らは数カ月前からドイツ銀に情報開示を求めていた。ドイツ銀は公式の要請なしに顧客データを開示すれば違法行為になるとしてこれを拒んできた。トランプ大統領は不正を否定している。

ホワイトハウスに電話と電子メールで取材を試みたが現時点で応答はない。召喚状については独紙ハンデルスブラットが先に報じていた。

前米大統領補佐官(国家安全保障担当)のマイケル・フリン被告がロシア大使とのやりとりについて連邦捜査局(FBI)捜査官に虚偽の供述をしたとして1日に有罪を認めるなど、モラー検察官の捜査はトランプ政権の中枢へと拡大している。

原題:Trump Deutsche Bank Records Said to Be Subpoenaed by Mueller (1)(抜粋)

Steven Arons

最終更新:12/5(火) 22:47
Bloomberg