ここから本文です

「燻製イイダコのアヒージョ」経産大臣賞 長崎の食品加工・卸「将大」 程よい食感

12/6(水) 10:27配信

長崎新聞

 地域の優れた特産品を表彰する全国商工会連合会主催の「むらおこし特産品コンテスト」で、食品加工・卸会社「将大」(長崎市畝刈町)が製造した「燻製(くんせい)イイダコのアヒージョ」が、最優秀賞に当たる経済産業大臣賞を受賞した。

 アヒージョはオリーブ油とニンニクで具材を煮込むスペイン料理。将大のアヒージョは、有明海産イイダコ、大島産トマト、五島産つばき油など県内産の材料にこだわり、イイダコをいぶすチップも対馬産の香木「ノグルミ」を使った。

 将大のアヒージョは川端将知社長(47)が考案。イイダコを程よい食感にしたり、数種類の油をブレンドして開封後に冷蔵しても固まらないようにするなど工夫を重ね、半年がかりで開発した。今夏から販売している。

 むらおこし特産品コンテストは1988年度に始まり、30回目。今回は県内の8点を含む92点が出品された。将大のアヒージョは、地域性の追求や流行を意識したことが評価された。

 川端社長は「水産加工品の新しい特産品を、という思いから作り始めた。常温保存できるのでお土産にもなりやすい」と話している。アヒージョは120グラム入り、1080円(税込み)。問い合わせは将大(電095・814・1310)。

最終更新:12/6(水) 10:27
長崎新聞