ここから本文です

Twitter、月額9,900円でツイートを自動的に広告する「オートプロモート」国内サービス開始

12/6(水) 12:01配信

Web担当者Forum

Twitter Japanは12月6日、月額9,900円で利用できる広告商品「オートプロモート」の日本語版サービスを提供開始した。

オートプロモートは米国と英国で先行していた広告商品で、その日つぶやいたツイートを順番に10件まで自動的に広告する。日常的にツイートしているアカウントなら、初期設定さえ済めば広告クリエイティブや細かな予算設定をすることなく、定額で広告を開始できる。

具体的には、ユーザーのタイムライン上でツイートを宣伝する「プロモツイート」と、おすすめアカウントを宣伝する「プロモアカウント」に予算を自動的に割り振り運用する。

オートプロモートのターゲティング設定は「興味関心」と「地域」の2種類、サービス開始時点では掛け合わせに対応していない。実際は9,900円よりも多めに広告が出るという。

用途として次のようなことが考えられる。

・アカウント開設初期のフォロワー獲得を加速する
・Twitter広告をテスト的に運用して効果を検証する
・小さなプロジェクト単位で手間なく運用する

たとえば、店舗ごとにアカウントを持つ企業がそれぞれの告知に利用するといった場合に、月額固定費かつ自動運用なら小さくスタートしやすい。

ただし、広告するツイートは投稿順になるため「おはようございます」といった内容も拡散される。どちらかというと、複数の会話から成り立つツイートよりも、1つのツイートで情報が完結するプロモーション型や情報発信型のアカウントの方が運用に向いている。

オートプロモートのダッシュボード、広告経由のフォロワー獲得効果などがわかる



すでに投稿されたツイートを宣伝する手法としては「クイックプロモート」も提供されている。数クリックの簡単操作、低予算で運用開始できるが、ツイート1つひとつを選び、予算やターゲティングを設定する必要がある。また、運用が数日の短期間であるため、自動最適化が効きにくかった。一方、オートプロモートは1か月間運用するため、手軽なことに加えて自動最適化が効きやすいという利点がある。

最終更新:12/6(水) 12:01
Web担当者Forum