ここから本文です

テレ東の人気番組まさかのロケNG! 奈良・箸墓古墳に隣接する池で予期せぬ反発

12/6(水) 16:56配信

夕刊フジ

 人気番組ゆえの思わぬ波紋だ。来年1月2日に放送予定の特別番組「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜きましておめでとう2018」のうち、奈良県桜井市の箸墓古墳に隣接する池で予定していたロケが中止されることになったのだ。

 この番組は、全国各地の池の水を抜くという企画。外来生物の駆除などを目的に自治体などからの依頼を受けてロケを行っている。ところが、池の底からは意外なものが発見されることも多く、人気番組になっている。

 11月26日に放送された第5弾では、平均視聴率が12・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と番組最高の高視聴率を記録している。

 第6弾となる1月2日の特番では、箸墓古墳に隣接する池でロケを行うことになっていたが、番組予告で「出るのはお宝か、それとも未知なる生物か」などと告知したところ、予期せぬ問題が起きたのだ。

 箸墓古墳は邪馬台国の女王、卑弥呼の墓という説もある大型前方後円墳であるため、反響が大きく、「発掘が目的との印象を与えかねないのではないか」との意見が取材先から出たのだ。このため、テレビ東京はロケを見送ることを決めた。

 「番組で、日比谷公園の池の水を抜いたところ、鍋島藩邸の瓦が見つかるなど、これまでにも実績があるだけに、今回も何か見つかるのではという期待が高まった。一方で反発もあったようです。それだけ番組の人気が高いということです」と放送関係者。

 番組は一部内容を変更し予定通り放送される。

最終更新:12/6(水) 16:56
夕刊フジ