ここから本文です

キー局に出そろった“探偵もの” イケメンモデルが痛快謎解き、けっこう欲張りな「重要参考人探偵」

12/6(水) 16:56配信

夕刊フジ

 【TV視てますか?】

 今年は(今年も?)探偵ドラマが花盛りだ。

 1月期に日テレが『超能力師事務所』(ココリコの田中直樹主演)を木曜、『視覚探偵 日暮旅人』(松坂桃李主演)を日曜に投入。続いて4月期にフジ月9が『貴族探偵』(嵐の相葉雅紀主演)。7月期はTBS金曜ドラマが『ハロー張りネズミ』(瑛太主演)。

 『ハロー張りネズミ』はテレ東の『リバースエッジ 大川端探偵社』や『まほろ駅前番外地』の延長という感じ。そして今期、テレ朝の金曜ナイトドラマ『重要参考人探偵』。これで今年もキー局に“探偵もの”が出そろったことになる。

 ドラマ名に「探偵」の2文字のない『ハロー張りネズミ』だけが「あかつか探偵事務所」の探偵たちの物語というところも面白い。ほかのドラマは「無所属」の「探偵もどき」だが、今回はそれに輪をかけて「重要参考人」、しかも「死体の第1発見者」という設定となっている。けっこう欲張り(?)なコメディー&ミステリーだ。

 主演は玉森裕太(Kis-My-Ft2)。彼の所属は滝藤賢一が社長を務める探偵ならぬモデル事務所。小山慶一郎(NEWS)、古川雄輝との仲良しモデル3人組のイケメンぶりがまぶしい。玉森は少年の頃に殺人事件に遭遇し、重要参考人とされたことがあった。以来、彼の行くところ、なぜか死体だらけ。常に第1発見者となる。しかも、運の悪いことに殺人容疑をかけられ、逮捕寸前に。だが、そこでいつもの決め言葉。「今から真相を教えてやる。重要参考人のこの俺が」。実はそこから推理を開始するのでけっこうハラハラさせられるが、小山と古川からも決め言葉のエールがかかる「火事場のバカ推理!」。見事な推理で謎を解く。金曜夜のすっきり感!

 玉森自身の謎は警視庁捜査1課の豊原功補と新木優子(元カノ!)がまもなく解いてくれる?(新橋のネクタイ巻き)

最終更新:12/6(水) 16:56
夕刊フジ