ここから本文です

オーシャンブリッジ、処理時間を短縮したファイルサーバー向けファイル軽量化ソリューション新版

12/6(水) 6:00配信

Impress Watch

 株式会社オーシャンブリッジは、ファイル軽量化ソリューションの新版「NXPowerLite 7.1 ファイルサーバーエディション」を、2018年1月18日より提供する。新版では、軽量化処理時間の大幅な短縮を実現しているという。

 NXPowerLiteは、Word、Excel、PowerPointやデジカメ写真(JPEG)、PDFファイルなどを、ファイル形式はそのままで軽量化するソフトウェア。デスクトップ向けやSDKなどさまざまな形態で提供されているが、今回新版が提供されるファイルサーバーエディションは、ファイルサーバー上のファイルを一括で軽量化できる製品となっている。

 その新版では、1ファイルずつ1スレッドで軽量化処理を行っていた従来のやり方をあらため、マルチスレッド処理に対応。同時に複数ファイルの軽量化が可能になった。また、軽量化対象ファイルのスキャンが完了するまで軽量化処理は行われていなかったが、新版ではスキャンと軽量化処理を並行できるようにしたことで、軽量化処理が開始されるまでの時間を短縮しているとのこと。

 オーシャンブリッジによれば、こうした改良によって、軽量化時間を最大1/8まで短縮できるという。

 さらに、軽量化処理が早く終わる拡張子、サイズが大きいファイルから処理を行うように処理の順番を変更したため、以前のバージョンと比べ、早く軽量化効果を得られるようなった。

 加えて動作環境が拡張され、.NET Framework 2.0~3.5上だけでなく、.NET Framework 4.0~4.7.1上の動作に対応。Windows Server 2016においても.NET Frameworkを新たにインストールすることなく利用可能になっている。

クラウド Watch,石井 一志

最終更新:12/6(水) 6:00
Impress Watch