ここから本文です

<愛知県>全国初 公道で無人の自動運転 14日に実験

12/6(水) 7:30配信

毎日新聞

 愛知県は5日、公道で車内の運転席を無人にして、乗用車を走らせる自動運転システムの実証実験を同県幸田町で実施すると発表した。危険が生じた際は遠隔操作する。遠隔監視する自動運転車を公道で走行させる実験は全国初で、県は有力な事業形態の一つになり得るとしている。

 実験はソフトウエア会社などともに14日に行う予定で、道路使用許可を申請している。愛知県は2015年に国家戦略特区の指定を受けて自動運転システムに取り組んでおり、地域の高齢化対策や観光振興などさまざまなニーズに合わせて技術を活用し、移動・交通の新たなモデルをつくり出したい考え。

 県産業振興課によると、実験はコンピューターによる自動運転車で、幸田町民会館周辺の1周約700メートルのコースを事前にプログラミングし、時速15キロ以下で周回する。高精度3Dマップで現在位置を認識しつつ、半径約100メートル以内にある物体をレーザーで検知できるセンサーにより、人や障害物などを避けながら走行する。カメラで信号や横断歩道も認識できる。衝突などの危険性がある時は、町民会館内に設ける「運転席」で遠隔操作して停止させる。

 遠隔監視による自動運転は今後、バスやタクシーなどの交通手段として事業化される可能性もある。県は実験を重ね、自動運転を活用した地域のモデル事業も目指すという。

 高齢化が進む愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンでは、高齢者の自由な移動手段の一つとして自動運転車が検討されており、今年度中に今回と同様の実証実験をする。名古屋市中区三の丸の官庁街でも実験する予定。

 警察庁は6月、遠隔操作型自動運転システムの公道実験を実施する際の道路使用許可に関するガイドラインを策定した。従来は車内の運転席を無人にしての公道走行が認められていなかった。県はガイドラインをもとに県警や国土交通省と手続きを進め、実験に向けた道路使用許可が得られる見通しとなった。【山衛守剛】

最終更新:12/6(水) 7:30
毎日新聞