ここから本文です

聴覚障害者に防災情報 磐田市、メール登録呼び掛け

12/6(水) 7:37配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 磐田市は、市のメール情報サービス「いわたホッとライン」の登録を呼び掛ける手話の動画を制作し、5日までにホームページで公開を始めた。同報無線など音声での情報聴取が困難な聴覚障害者に同サービスの登録を勧め、防災情報のいち早い取得を支援する。

 市内の聴覚障害者から、同サービスの登録方法について「チラシなどの紙媒体でなく、手話で説明してほしい」と要望を受けたことがきっかけで、磐田ろうあ協会の協力で制作した。地震や火災発生など同サービスで配信される情報の種類や登録方法などを、手話と字幕で説明する。

 動画のDVDも市役所本庁と支所、市内23交流センターで配布している。

 市によると、市内の聴覚障害での障害者手帳保持者は約400人。市は障害者週間(3~9日)に合わせて各種啓発活動を展開中で、「聴覚障害者を含め、当事者の日常生活での不安を取り除く支援を続けたい」(福祉課)としている。

静岡新聞社