ここから本文です

J1初制覇の川崎の経済効果は120億円超 関大教授が算出

12/6(水) 7:00配信

サンケイスポーツ

 Jリーグの年間表彰式「2017 Jリーグアウォーズ」が5日、横浜市港北区の横浜アリーナで行われた。J1最優秀選手賞(MVP)は主将として川崎を初の優勝に導いた日本代表FW小林悠(30)が、史上6人目となる得点王(23得点)とのダブル受賞。昨季史上最年長でMVPに輝いたMF中村憲剛(37)に続き、2年連続で川崎から選出された。ベストイレブンも川崎が最多の4人を占めた。

 関大・宮本勝浩名誉教授(72)が5日までにJ1を初制覇した川崎による経済効果を120億7897万円と算出した。新設された理念強化分配金などチームが20億円以上の収入を得ることに加え、39万円の純金マスコット人形などV記念グッズの販売、川崎市内の商業施設で開催中の優勝セールなどからはじき出した。

スポーツナビ サッカー情報