ここから本文です

FIFA、「IOCのロシア懲戒、W杯に影響はない」

12/6(水) 10:31配信

WoW!Korea

国際サッカー連盟(FIFA)がロシアの2018平昌冬季五輪出場を認めないという懲戒と関連し「2018ロシアW杯には影響がないだろう」と伝えた。

 英国ガーディアン紙は6日(以下、日本時間)「FIFAは国際オリンピック委員会(IOC)がロシアに下した懲戒がロシア杯の準備にはいかなる影響も及ぼさないだろうという立場を示した。FIFAは最高の大会開催のために支援を惜しまない計画」と報道した。

 IOCはこの日、スイスで理事会を開き、2011年から2015年案で30種目において国家主導でドーピング結果を操作したロシアの平昌五輪参加を認めない決定を下した。

 IOCの懲戒の中には2014ソチ五輪当時、スポーツ相だったビタリー・ムトコ副首相を永久除名する内容も含まれている。ムトコ副首相は現在、ロシアW杯組織委員長であり、今年5月までFIFA評議会委員だった。

 FIFAは「ドーピングについて真剣に受け入れる。誰でもアンチ・ドーピング規定を違反したという証拠が出れば、これに合う制裁をする」と強調した。

 またFIFAは来年W杯期間中、ドーピングにのためのサンプルはロシア以外にある世界アンチ・ドーピング機関を通じて分析するという計画を出した。

最終更新:12/6(水) 10:31
WoW!Korea

スポーツナビ サッカー情報