ここから本文です

マンU、ローマ、ユーヴェが16強 アトレティコが敗退/CL

12/6(水) 11:02配信

ISM

 チャンピオンズリーグ(以下CL)は現地時間5日(以下現地時間)、グループステージ最終節の8試合が行なわれ、グループAではマンチェスターU(イングランド)がホームでCSKAモスクワ(ロシア)を2対1と下し、決勝トーナメント進出を決めた。

 前半終了間際の45分に先制を許したマンUだが、64分にルカクのゴールで同点とすると、2分後にラッシュフォードが追加点。本拠地オールド・トラフォードでの公式戦連続無敗記録を40試合とし、ベスト16に駒を進めた。同組ではベンフィカ(ポルトガル)を2対0と下したバーゼル(スイス)が2位でベスト16入りを果たしている。

 パリSG(フランス)とバイエルン(ドイツ)の16強入りが決まっていたグループBでは、両者が直接対決。ホームのバイエルンがレヴァンドフスキの先制弾、そしてトリッソの2得点で3対1と勝利したが、直接対決の得失点差でグループ2位通過となった。なお、ムバッペがゴールを挙げたパリSGはグループステージの得点記録を25に伸ばしている。また、同組ではセルティック(スコットランド)がアンデルレヒト(ベルギー)にホームで0対1と敗れたが、3位でヨーロッパリーグ(以下EL)に回ることになった。

 グループCは、ローマ(イタリア)がペロッティの決勝点でカラバフ(アゼルバイジャン)を1対0と撃破。チェルシー(イングランド)対アトレティコ・マドリー(スペイン)が1対1のドローに終わり、ローマがグループ首位通過を果たした。ニゲスに先制を許したものの、オウンゴールで追いついたチェルシーは、2位でベスト16へ。5年連続の決勝トーナメント進出を目指していたアトレティコは3位となり、ELを戦うことになった。

 グループDのユベントス(イタリア)は、敗退が決まっていたオリンピアコス(ギリシャ)に敵地で2対0と勝利。クアドラードとベルナルデスキのゴールでグループ2位通過を決めた。すでに首位通過を果たしていたバルセロナ(スペイン)は、メッシをベンチスタートさせ、60分まで温存。それでもアルカセルとオウンゴールでスポルティング(ポルトガル)をホームで2対0と沈めている。(STATS-AP)

最終更新:12/6(水) 11:08
ISM

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合