ここから本文です

(ひと)原文彦さん 日本有線大賞を受賞した氷川きよしの「男の絶唱」を作詞

12/6(水) 11:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 北島三郎「職人」、香西かおり「秋恋歌(しゅうれんか)」。このところ演歌の話題曲を数多くてがけている。香川県東かがわ市在住の作詞家だ。
 今年のヒット曲は「泥に咲く花睡蓮(すいれん)の あゝ睡蓮の 純なこころは忘れまい」と、自らの人生を重ねた「男の絶唱」。この歌をうたう氷川きよしが日本有線大賞に輝いた。「すべては氷川さんの力。自分は未熟。まだまだ勉強です」
 法政大学在学中に作詞家を志したが、女手一つで育ててくれた母を思い、故郷で就職した。作詞は営業の仕事を終えてから。未明までもがき、レコード会社に送った。「無駄なことはやめなさい」と手紙をくれたディレクターもいた。……本文:607文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社