ここから本文です

2位通過のチェルシー、パリSGやバルサとの対戦濃厚? アザールは「恐れない」

2017/12/6(水) 12:12配信

ISM

 チェルシー(イングランド)は現地時間5日(以下現地時間)、チャンピオンズリーグ(以下CL)・グループステージ最終節でアトレティコ・マドリー(スペイン)と1対1で引き分け、グループ2位で決勝トーナメントに勝ち進んだ。MFエデン・アザールは、グループ首位通過チームとの対戦を恐れないと述べている。英『BBC』が同日報じた。

 CLの決勝トーナメントの組み合わせにおいて原則的に同じサッカー協会に所属するチーム同士の対戦は組まれない。そのため、6日の試合でグループEのリヴァプールが首位を保ってベスト16入りを果たした場合、チェルシーが決勝トーナメント1回戦で対戦する可能性があるのは、ベジクタシュ(トルコ)のほか、パリSG(フランス)とバルセロナ(スペイン)となる。

 だが、アザールは「どこと当たるかは問題じゃない。僕らはチェルシーだ」とコメント。「パリSGとバルセロナが非常に良いチームなのは知っている。だけど、僕らだってトップクラスのチームだ。僕らは何だってできる」と、ひるむことは決してないと強調した。

 また、アントニオ・コンテ監督も「(相手チームも)我々との対戦を喜ばないだろう」とコメント。「この大会を勝ち進んでいくなら、ベストのチームと対戦する準備をしておかなければいけない」と、初戦からビッグクラブとの対戦をいとわないと意気込んだ。

最終更新:2017/12/6(水) 12:12
ISM

スポーツナビ サッカー情報