ここから本文です

シスコが卓球の石川佳純選手を支援……って、どうやって?

12/6(水) 8:05配信

ITmedia エンタープライズ

 2017年12月5日、シスコシステムズ(シスコ)は卓球の石川佳純選手および張本智和選手とアスリートアンバサダー契約を結び、東京都内で発表会を開催した。

【写真】画面にマーカーで書き込みを入れる石川選手

 同社 代表執行役員社長 鈴木みゆき氏は、「ネットワークの力で、日本のデジタル変革に貢献していくというビジョンのもと、2020年に向けた事業テーマとして『All Connected. Anything Possible.』を掲げている。スマートシティをはじめ、在宅勤務などの働き方変革を支えるだけでなく、スポーツの観戦時に安全で快適なWi-Fi環境を提供するなど、スポーツ&エンターテインメントにも力を入れている。ネットワークを通じて日本のデジタル変革に貢献していきたい」と趣旨を述べた。

 そして、アスリートアンバサダーを紹介し、「卓球は年代や性別を問わず誰でも楽しめるスポーツで、お二人は日本の期待を背負って戦うワールドクラスのアスリートだ。IoT(Internet of Things)を使って、いかにスポーツアスリートの戦い方改革を支援していくか、お二人にはシスコのブランド価値向上も支援してもらう。今回の取り組みを通じて、一つのショーケースを提示できればいいと考えている」と、狙いを語った。

 続いて、 同社専務執行役員 鈴木和洋氏が「実は、世界35カ国以上で350を超すスタジアムやアリーナ、コンサート会場といった、人が密集するところでも快適にネットワーク接続できるように、シスコのソリューションが採用されている。リオデジャネイロオリンピックにも、スポンサーとしてネットワークシステムを提供していた。世の中はIoT時代になり、新しいビジネスがどんどん生み出されているのが現状だ。シスコとしても、アリーナやスタジアム、ファン、アスリートやチームを“つなぐ”ことで新たな事業機会を創出したいと考えている」と同社の取り組みに触れた。

●アスリートの「戦い方改革」とは!?

 以上を踏まえ、石川選手や張本選手の「戦い方改革」をどのように支援していくのか。

 鈴木和洋氏は「シスコのネットワーク技術をベースとして、世界中どこにいても家族やコーチ、チームメンバーなどとコラボレーションが行えること、国内外の先進企業と協力しデータ分析やデータ活用を行いつつ、大切な個人情報が流出したり盗まれたりしないよう、セキュリティ技術でしっかりと守る。アスリートやチームにはいつでもどこでもコミュニケーションができる環境を提供したり、選手のパフォーマンスデータの収集、解析、分析をリアルタイムに行ってトレーニングメニューを創出したりといった競技活動に貢献していきたい」とした。

 アスリートアンバサダーとなった石川選手は、シスコのサポートをどのように感じているのだろうか。「卓球はオフシーズンがなく、1年中海外に行って戦っている状態。試合の中で練習の質を高めるのを今季の目標にしているが、遠征中だとすぐそばに相談したい相手や話したい相手がいないので、コミュニケーションが難しいと思っているときもあった。でも、シスコの協力によって相手の情報を調べられるし、場所が離れていてもコーチの母(石川久美氏)と一緒にコースの研究ができるのは非常にありがたい。自分にとって、新しい武器が増えたと思っている」と、期待以上の効果を語った。

 スケジュールの都合がつかなかった張本選手は、ビデオメッセージで「遠征で日本を離れることが多い僕にとって、家族やコーチ、ファンにつながることができるネットワークはとても大切。卓球と学業を両立させ、日本のエースとして頑張りたい」と抱負を語った。

●リアルタイムでラリーを行い情報収集するデモも

 会場では、Cisco Sparkで石川選手のコーチである母親とビデオ会議をしたり、練習風景や過去の試合を動画共有し、そこに書き込みを行ったり、実際にラリーをしてリアルタイムに打ち筋などを見える化したりするデモが行われた。

 石川選手は「卓球はコース取りが大事で、画面をホワイトボードのように使えることで離れていてもコーチと相談できるのは非常にありがたく、頼もしい存在と言える。自分が打っているところや、コースの深さを正確に把握するのはなかなかできないことなのでびっくりした。対戦相手の分析にも活用できるし、データが生きていきそうな手応えがある」とした。

 石川選手の打球をリアルタイムに分析し、スクリーンに表示するトラッキングシステムは、Jリーグやプロ野球、ラグビーのトップリーグといったさまざまなスポーツのデータ収集や分析、配信行うデータスタジアムが持つノウハウが提供されている。

 「卓球は、誰でもコース取りの癖や戦い方の癖があるので、それをデータにして見えるのがとても大事。これまでも自分のプレーを映像で見てきたが、このコースに何%行っているとか、失点しているとかの状態を数字として毎試合見られるのはありがたい。自分でも何となくでしか把握できなかったことが数値化されることで、自分のレベルアップにつながると思っている」(石川選手)

 ところで、同じアスリートアンバサダーとなった張本選手のことは、どのように思っているのだろうか。石川選手は「張本くんは若いけど才能もあるし、それ以上に努力家として見ている。私自身も刺激を受けているし、東京オリンピックに向けて一緒に頑張っていきたい」と感想を述べた。

 最後に鈴木社長は「あらゆるスポーツにおいて、今後はテクノロジーが重要になってくる。ビッグデータを蓄積して分析することで、選手の最適な健康状態、試合に対応する戦略や作戦立案につながると考えている。過去のデータも蓄積できるので、今後の試合に役立ててもらいたい。特に卓球は、幅広い観客にアピールするスポーツで、日本だけでなく世界的にも注目されるレベルになっている。アスリートのみなさんがレベルの高い試合をできるようにサポートしていきたい」とまとめた。