ここから本文です

ZenmuTech、システム管理と情報管理を完全分離するセキュリティ製品の新版

2017/12/6(水) 14:45配信

BCN

 ZenmuTech(田口善一社長)は、データの無意味化により意識せずに情報の安全を実現するオープン・セキュリティインフラストラクチャ「ZENMU」のサーバー版「ZENMU for Meister」の最新バージョン1.2を12月6日に発売した。

 ZENMU for Meisterは、「システム管理」と「情報管理」を明確に分け、アドミニストレータやルート権限などの特権IDをもつシステム管理者でもデータにアクセスできない「見えない金庫」により、情報のオーナーが承認したユーザーだけが情報にアクセスできるソリューション。外部侵入などによってシステム管理者の権限が悪用されたとしても、データ改ざんや情報漏えいを防止できる。

 データは、ZENMUで無意味化して分散保管されるため、安心して、すべての環境をクラウド上に展開することが可能となる。

最終更新:2017/12/6(水) 14:45
BCN