ここから本文です

次期ハイエンドSoC「Snapdragon 845」発表 シャオミが搭載機を開発

12/6(水) 15:00配信

アスキー

ハイエンドスマホの定番SoC「Snapdragonシリーズ」の最新モデルが発表。まずは中国・シャオミの端末がリリースされそうです。

 クアルコムは12月5日(現地時間)、米ハワイで開催するメディア向けイベント「Snapdragon Tech Summit」で、次期ハイエンド向けハイエンドSoCとなる「Snapdragon 845」を発表した。スペックなどの詳細は、12月6日(現地時間)に予定されている、会期2日目の基調講演で明かされる。
 
 12月5日に明らかになったのは、Snapdragon 835の後継となるチップセットの名称がSnapdragon 845になるということ。また、ゲストとして、サムスン電子のファウンドリー部門を率いるES Jung氏が登壇。Snapdragon 845は、同835に続き、サムスン電子がファウンドリーとなり、製造することを語った。
 
 このSnapdragon 845を搭載するスマートフォンも、開発が進んでいる。パートナーとしてイベントに登壇したのが、中国メーカー・小米(シャオミ)の会長兼CEOである雷軍(レイ・ジュン)氏。同氏は、小米の業績が回復基調にあることを語りつつ、次期フラグシップモデルに、Snapdragon 845を採用する計画を明かした。
 
 
文● 石野純也 編集●ゆうこば

最終更新:12/9(土) 12:04
アスキー