ここから本文です

ロッテ・ドラ1安田「千葉のゴジラ」になる 背番号は今夏までつけた「5」

12/6(水) 6:05配信

デイリースポーツ

 ロッテは5日、東京・西新宿のロッテ本社で新人8選手の入団発表を行った。高校通算65本塁打のドラフト1位・安田尚憲内野手(18)=履正社=の背番号は「5」に決まり、プロ入り後の目標に本塁打王を掲げた。憧れの松井秀喜氏(元ヤンキース)にちなみ、『千葉のゴジラ』という愛称定着を願った。

 安田は待ってましたとばかりに答えた。どんな愛称を?の質問に「松井秀喜さんを尊敬しています。千葉のゴジラと呼ばれるように頑張りたい」。よどみない口調で呼応した。

 前日、ファンに向けて「親しみのある愛称を」とお願いしていたが、自ら日米で大活躍した松井氏の名前を挙げて「千葉のゴジラ」と言い切った。

 背番号は「5」。自身も今夏までつけていたなじみのある数字。「素晴らしい番号です。これからはロッテの5と言えば、安田と呼ばれるようになりたい。ホームランにこだわって、長打力を磨きたい」。目標を問われると、ホームラン王と書かれたボードを掲げた。

 高校通算65本塁打の金看板を引っ提げて幕張の舞台に挑む若武者。身長188センチ、体重95キロの立派な体格。井口監督は「大きいね。これから一回りも二回りも大きくなり、球界を背負う選手になってほしい。しっかり育てたい」と目を細めると同時に、大切な金の卵を預かり、育てる覚悟を固めた。

 日本史が得意で、好きな武将は真田幸村。「自分の信念を持っている。ボクも軸、芯を持ってプロの世界でやっていきたい」。千葉のゴジラは、世界のゴジラを見据えて力強く進む。