ここから本文です

リヴァプールや初出場RBライプツィヒの突破は?最終節の状況まとめ/CLグループステージ

12/6(水) 17:04配信

GOAL

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループE~Hの第6節が、日本時間12月6日28:45キックオフとなる。最終節を前に、現在の状況や突破の条件をおさらいしてみよう。

■グループE

グループ4位のNKマリボル(スロベニア)は同2位のセビージャ(スペイン)を迎え撃ち、首位のリヴァプール(イングランド)はアンフィールドでスパルタク・モスクワ(ロシア)と対戦する。

上位3チームに突破の可能性が残されているものの、リヴァプールとセビージャの優位は揺るがない。スパルタク・モスクワが逆転で突破するためには、リヴァプールに勝つ必要がある。いずれにしてもカギは3位のスパルタク・モスクワの手の中にある。

■グループF

グループ最下位のフェイエノールト(オランダ)は3位のナポリ(イタリア)と、2位のシャフタール・ドネツク(ウクライナ)は首位のマンチェスター・シティ(イングランド)と対戦する。

5戦全勝のマンチェスター・Cはすでに首位通過が確定済み。残すはシャフタールとナポリの2位争いだが、ナポリがフェイエノールトを6戦全敗とし、シャフタールが敗れれば、順位は逆転する。しかし、シャフタールはホームな上、シティは週末にダービーを控えるため、温存する可能性も否定できない。2試合の動向に注目が集まるところだ。

■グループG

初出場で3位のRBライプツィヒ(ドイツ)はホームにベジクタシュ(トルコ)を迎え2位のポルト(ポルトガル)は4位のASモナコ(フランス)と対戦する。

第5節終了時点で勝点11を挙げたベジクタシュは1位通過が決定。そして、モナコの最下位も確定しており、ポルトとRBライプツィヒが2位の座を懸けて一騎打ち。勝ち点はともに7で、最終節はそれぞれホームで戦う。当該対決ではポルトが上回るため、同じ結果であれば、ポルトが突破。ライプツィヒはポルトの結果に依存することになる。

■グループH

2位のレアル・マドリー(スペイン)は3位のボルシア・ドルトムント(ドイツ)と対戦し、首位のトッテナム(イングランド)は最下位のアポエル(キプロス)をウェンブリーに迎える。

第5節終了時点で1位トッテナム、2位レアル・マドリーは確定。ドルトムントはヨーロッパリーグ行きを懸けて、サンティアゴ・ベルナベウへと乗り込む。ドルトムントとアポエルの当該対決は互角で、得失点差ではドルトムントが上回る。そのため、地力でのEL行きはドルトムントにかかっている。

GOAL

最終更新:12/6(水) 17:05
GOAL

スポーツナビ サッカー情報