ここから本文です

冬を彩るポインセチア とちぎ花センターで企画展

12/6(水) 7:55配信

産経新聞

 赤と緑でクリスマスを彩るポインセチアを集めた企画展「冬を彩る花展~サンタの森はポインセチアでいっぱい~」が、とちぎ花センター(栃木市岩舟町下津原)で開かれている。24日まで。

 同センターとちはなちゃんドーム(鑑賞大温室)に色鮮やかなポインセチアやシクラメン、コニファーなど冬を代表する植物を展示。ポインセチアは30種約300鉢、高さ約3・5メートルのタワーも作り、クリスマスムードを盛り上げている。シクラメン、コニファーは50種約600鉢を展示している。

 「県シクラメン&冬の鉢花展覧会」も同時開催し、県内生産者が育てたシクラメンなどを展示。16、17、23、24日は「光と霧のクリスマスファンタジー~幻想的な夜のジャングル探検」(午後5~8時半)も。熱帯植物のライトアップとイルミネーションでドーム内を演出し、ステージでのコンサートや体験講座を開催。カフェではとちおとめを使用したフルーツサンドなど限定メニューを販売する。(松沢真美)

最終更新:12/6(水) 7:55
産経新聞