ここから本文です

「30形モハ51号」引退 遠州鉄道が9、16日に運行

12/6(水) 9:00配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 遠州鉄道が1980年から運用している電車「30形モハ51号」が引退する。2018年1月に廃車になるのを前に、12月9日に通常ダイヤで最後の運行をするほか、同16日には臨時電車として運行する。

 30形モハ51号は車体正面に2枚窓がある外観が特徴。同じ30形は1978年製造の車両も保有しているが、ともに2015年以降、通常便では走らせていない。

 9日は西鹿島発午前10時36分、11時48分、午後1時、新浜松発午前11時12分、午後0時24分、1時36分の便を同電車に置き換える。

 16日の勇退記念特別列車は、西鹿島発午後1時28分、新浜松発午後2時40分。新浜松駅で当日午前10時から先着150人に配布する整理券と、1日乗車券が必要になる。

静岡新聞社