ここから本文です

山内惠介 紅白3年連続出場に「毎年緊張感は大きくなる」

2017/12/6(水) 16:30配信

東スポWeb

 演歌歌手・山内惠介(34)が歌う「愛が信じられないなら」が「2017 年間 USEN HITランキング」の演歌/歌謡曲ランキングで1位となり、6日、都内で表彰式が行われた。

「うれしいのひと言。こういうふうに受賞をするのは初めてだし、僕でいいのかなという感じ。でもすごく励みになる」と喜んだ山内は、贈られた楯とシャンパンを手に「個人的にシャンパンが好きで、とてもうれしい。皆でいただきたい。ありがとうございます」と感謝を述べた。

 作詞を担当したのは松尾潔氏(49)。R&Bやソウルで知られる人物だが、同じ福岡県出身ということで異色のコラボが実現し「松尾先生が手がけた曲ということで、聞いてもらうこともある。歌はこうやって広まっていくんだなと実感した」と語った。

 大みそかの紅白歌合戦は今年で3年連続出場。「慣れない。毎年、緊張感は大きくなっていますよ」と言いながらも「ちゃんと寝ています。最近すぐ疲れが顔に出て、年を感じている。忙しい時もあるが、すぐ寝るようにしている」としっかり体調を整えているようだ。

 今年一年はあっという間だったといい「毎週が勝負で、とても濃かった」。来年に向けては「自分の曲がもっと知ってもらえるように、大ヒットをつくりたい」と意気込んだ。

最終更新:2017/12/6(水) 16:35
東スポWeb