ここから本文です

バルサ、ポジション奪われたマスチェラーノが冬の市場での移籍を本格的に検討

12/6(水) 20:27配信

GOAL

バルセロナMFハビエル・マスチェラーノに、移籍の可能性が浮上している。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。

長年DFジェラール・ピケとCBでコンビを組んできたマスチェラーノだが、昨年夏に加入したDFサミュエル・ユムティティにポジションを奪われ、エルネスト・バルベルデ監督の下で控え扱いとなっている。

ユムティティは2日のリーガエスパニョーラ第14節セルタ戦(2-2)で負傷し、最大2カ月の離脱が見込まれている。しかしながらマスチェラーノは退団の意思を固め、冬の市場で移籍する考えをクラブに伝えた模様だ。

マスチェラーノの代理人を務めるワルテル・タメル氏は現在バルセロナに滞在している。マスチェラーノは彼を通じてバルセロナに「最後通告」を行ったという。アルゼンチン代表MFはロシア・ワールドカップを見据えて出場機会を確保を望んでいるとされる。

マスチェラーノには、中国スーパーリーグからの関心が取りざたされている。あるクラブはすでに移籍金500万ユーロ(約6億5000万円)以上を準備して同選手の獲得に動いているようだ。

GOAL

最終更新:12/6(水) 20:27
GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合