ここから本文です

【ノア】杉浦が拳王にGHC王座奪取を厳命

12/6(水) 16:45配信

東スポWeb

 ノアのハレンチ王・杉浦貴(47)が5日、タッグパートナーの拳王(32)にGHCヘビー級王座奪取を厳命した。

 拳王は22日の後楽園ホール大会で王者エディ・エドワーズ(33)に挑戦する。杉浦は「うれしい半面、自分ももう一度ベルトに行きたいから、悔しい気持ちもある。けどここはやっぱり拳王に取ってもらいたい」と強調した。

 2月のタッグ結成前には「竹刀は使うな」とアドバイスした。「ああいう感じだとトップには立てないと思った。余計なものを使わなくても殺伐としているし、口が達者だから」と直感したからだ。助言通りに凶器を捨てた拳王がトップ戦線にからんできた今だからこそ、思いは特別だ。

 もちろんジェラシーもある。「拳王が取り返したら俺の気持ちも高まる」とGHC戦での同門対決を見据える。また、2週間前に示唆したゼロワンの弾丸児・田中将斗(44)との「弾丸ヤンキース」再結成が進展していない状況については「気持ちはあってもだな、俺も田中クンも売れっ子だから年末は忙しいんだ…」とバツが悪そうな表情を浮かべた。

 この日の横浜大会では拳王とのタッグでエドワーズを追い込むも、相棒が敗れる結果に。これでさらに火がついた杉浦は「俺も(GHC挑戦への)機運を高めないといけない」と、まずは陽気な外国人・ムース(33)との一騎打ち(22日、後楽園)に集中していた。

最終更新:12/6(水) 16:45
東スポWeb