ここから本文です

<青森市>雪かき手伝って商品券もらおう ポイント制度開始

12/6(水) 11:21配信

毎日新聞

 雪かきを手伝って商品券をもらおう--。青森市が、ボランティア活動でポイントがもらえる「市ボランティアポイント制度」を始めた。屋根の雪下ろしや高齢者の見守りなど市が指定する活動が対象で、たまったポイントは商品券やバスカードに交換できる。市の担当者は「垣根が高いと思われがちなボランティアだが気軽に参加するきっかけになれば」と話している。【一宮俊介】

 少子高齢化などで地域の支え手が減る中、住民の助け合いの輪を広げようと、市が10月に導入した。満18歳以上(高校生は除く)が対象で、支援のニーズと市民の活動意欲をうまくマッチングさせ、幅広い年齢層にボランティアへの参加を促すことなどが狙い。

 活動は、高齢者支援▽介護予防▽雪対策支援の3分野に分かれ、計12種類がある。雪国ならではの雪対策支援では、1人暮らしの高齢者世帯の除雪や、積雪が1メートルを超えた時の屋根の雪下ろし、通学路を確保するための除雪などがある。

 希望者は、市ボランティアセンター(青森市本町4)で「地域福祉サポーター」の登録をする。1時間の活動で1ポイントがたまり、1日2ポイントが上限。1ポイント=100円換算で、1年間で最大50ポイント(5000円相当)まで付与される。専用の手帳にポイント数を記録し、同センターで商品券か市営バスカードに交換できる。

 11月30日現在のサポーター登録者数は1898人。市福祉政策課の福井直文課長は「特に若い人にボランティア活動に目を向けてもらい、どんどん参加してほしい」と話している。問い合わせは、市福祉政策課(017・734・5313)か、市ボランティアセンター(017・723・1340)。

最終更新:12/6(水) 11:21
毎日新聞