ここから本文です

草ナギ剛「ドッキリですか、これ?」ユーチューブ生配信でイメージキャラクター就任を発表

12/6(水) 12:58配信

スポーツ報知

 元SMAPの草なぎ剛(43)が6日、オフラインで音声翻訳を行う小型ウェアラブル翻訳機「ili(イリー)」のイメージキャラクターに就任したことを動画サイト「YouTube」の生配信で発表した。

 9月にジャニーズ事務所から独立後、新規の広告出演は初となる。独立後に“ユーチューバー”としてデビューした草ナギは赤のソファーに黒のスーツ姿でポツンと座り「正直言うと安っぽいような取ってつけたような家具を用意されまして、肩すかしを食らったような状況」「ドッキリですか、これ? 全く緊張感ゼロ」と戸惑いながらも、商品を手に日本語から韓国語への翻訳を体験すると「すごい!」と大興奮。

 同商品を扱う株式会社ログバーCEOの吉田卓郎社長に「一生懸命頑張ります」と約束し、「いいなぁ。夢が叶うね。こういうの欲しいって思うよね。心強いじゃないですか、海外に行って迷子になった時に」などと早速アピールした。

 配信中に撮影した動画をツイッターにアップし、「どんな言葉翻訳して欲しい」と募集するなどSNSを駆使してPR。さらに、この日午後5時半頃から草ナギが街中に出て、実際に商品を使用することを予告。草ナギは「みんなと会えるかもしれないね」と呼びかけた。

 配信中の視聴者は1万人を超え、視聴回数も2万9000回を突破。チャットも歓喜の声でにぎわった。

最終更新:12/7(木) 14:27
スポーツ報知