ここから本文です

「銀魂」小栗旬、韓国記者会見でチャン・ジェウク武術監督との縁を明かす

12/6(水) 15:50配信

WoW!Korea

日本の俳優・小栗旬(34)が映画「銀魂」のチャン・ジェウク武術監督との仲を明かした。

 小栗旬は6日午後、ソウル・ロッテシネマ建大入口でおこなわれた実写版映画「銀魂」(福田 雄一監督)の韓国記者会見で、チャン・ジェウク武術監督について「『ルパン三世』のアクションチームが韓国の方々だった。その際、サポートでチャン・ジェウク監督がいらっしゃった」と縁を明かした。

 続けて「親しくなって、日本でアクションの仕事があったらお願いしたいと伺ったところ、時間が合えば必ず携わりたいとおっしゃった」とし、「その次に僕が出演したドラマ『ウロボロス~この愛こそ、正義。』の時も、アクションチームと共にチャン・ジェウク監督がいらっしゃった」と述べた。

 また、「『銀魂』の撮影前に、アクション監督で韓国人に親しい人間がいると福田監督に話し、YouTubeにあるチャン・ジェウク監督のビデオを(監督に)送った」とし、「そして監督が一緒にしようとおっしゃって、声をかけた。僕もそれがいいと思った」と説明した。

 映画「銀魂」は7日、韓国公開となる。

最終更新:12/6(水) 15:50
WoW!Korea