ここから本文です

今季謹慎の山口俊、2億3千万円維持「私生活しっかり」

12/6(水) 17:11配信

朝日新聞デジタル

 東京都内の病院で暴れて警備員にけがを負わせたなどとして、警視庁から傷害と器物損壊の疑いで書類送検された後に不起訴処分となった巨人の山口俊投手(30)が6日、東京・大手町の球団事務所で契約更改に臨み、現状維持の2億3千万円でサインした。温情ともとれる球団の対応に対し、「来季は私生活も含めてしっかりしたい」と話した。

 昨オフに3年総額7億円でDeNAから巨人へ移籍。先発ローテーションの一角として期待されたが、7月に都内の飲食店で友人と酒を飲んでいた際に右手甲を負傷し、酔った状態で病院に行って扉を壊したり男性警備員を負傷させたりした疑いを持たれた。球団からシーズン終了までの出場停止と総額で1億円を超える罰金、減俸処分を受け、「謹慎中はプロ野球生活の12年間の行動を考え直す時間だった」。

 今季は4試合に登板して1勝1敗、防御率6・43。来季へ向け、「野球選手である前に一社会人としてしっかりやって、優勝に貢献したい。オフはひそかに自主トレをする」と話した。(金額は推定)

朝日新聞社