ここから本文です

「朝鮮人民軍」のプレート=武器搭載せず、水産事業か―北海道漂着の木造船・道警

12/6(水) 12:17配信

時事通信

 北海道松前町沖の無人島、松前小島に一時避難した北朝鮮の木造船に、ハングルで「朝鮮人民軍第854軍部隊」と書かれたプレートが取り付けられていたことが6日、分かった。

 
 一部の乗組員は北朝鮮のものとみられるバッジを着けているという。道警は乗組員10人の身元を確認する。船から武器や通信機などは見つかっていない。一部の乗組員は身分証を所持している。

 公安当局によると、北朝鮮では軍が資金獲得や食料調達のために水産事業に携わることがあり、「軍所属のプレートを取り付けて軍事的な任務を行う可能性は低い」と指摘している。 

最終更新:12/6(水) 18:44
時事通信