ここから本文です

はしださん葬儀、杉田二郎らが「風」を追悼合唱「大切に歌い続けます」

12/6(水) 14:40配信

デイリースポーツ

 2日にパーキンソン病のため72歳で亡くなった、フォークグループ「ザ・フォーク・クルセダーズ」のメンバーだった歌手、はしだのりひこ(本名・端田宣彦)さんの葬儀が6日、京都市伏見区内で営まれ、歌手・杉田二郎(71)をはじめミュージシャン仲間や知人ら約600人が参列した。

 葬儀では、はしださんがフォークル解散後に組んだバンド「はしだのりひことシューベルツ」のメンバーだった杉田が、ミュージシャン仲間とギターを弾きながらリードし、シューベルツ時代のヒット曲「風」を参列者全員で合唱した。

 棺で眠るはしださんに杉田が「のりさん、いくよ」と声をかけて始まった合唱。歌唱が終わると拍手が沸き起こった。

 杉田は「のりさんと出会って50数年、いろんなことを教えてもらいました。この『風』もずっと大切に歌い続けていきます」と語りかけた。

 アマチュア時代からはしださんに「思いっきり魂を込めて歌え」と教えられたという杉田は「スピリットあふれる方でした」と回顧。全国を駆け巡ったシューベルツ時代は、グループには小さな軽自動車しかなく、練習に行く時も、大きな機材を積んで、メンバーが身を縮めて乗り込んだという。

 はしださんが先頭に立ってメンバーを率い、杉田は「おいしい話があっても、のりさんが『待て、俺たちのやりたいことは何だ』と言ってくれたのも思い出します」と振り返った。

 はしださんの長男は、闘病中だった今年4月に、最後のステージに車イスで出演したはしださんが「こんにちは、羽生結弦です」とジョークを飛ばし、その後に「ウケてたか」と気にしていた様子も明かした。

 また長男は、フォークルで盟友だった、歌手・きたやまおさむ(71)が、はしださんが亡くなった直後に弔問に訪れ、眠っているはしださんをはさんで、疎遠になった時代の話も含めて思い出を語ったことも明かした。葬儀では、都合で参列できなかった、きたやまがから届いたVTRが上映され、その中できたやまは「かける言葉はこれしかない」と、「風」の歌詞を朗読して追悼した。