ここから本文です

アーミル・カーン主演「DANGAL」が日本公開、ディズニー×ギャガ初の共同配給

12/6(水) 18:00配信

映画ナタリー

「きっと、うまくいく」「PK」のアーミル・カーン主演作「DANGAL(原題)」が、4月に日本公開されることが決定した。

全世界興行収入340億円を突破し、インド映画の世界興収ナンバーワンを記録した本作は、実話をもとにしたヒューマンドラマ。レスリングを愛する主人公の男は、いつか息子を金メダリストにすることを夢見ていた。だが4人連続女児が誕生したことで、男はすっかり意気消沈してしまう。ある日、長女と次女の格闘センスに希望を見出した男は、翌日からコーチとして2人を鍛え始める。

カーンのほか「始まりは音から~インド詩七篇~」のサークシー・タンワル、ファーティマー・サナー、サニヤー・マルホートラが出演し、監督と脚本をニテーシュ・ティワーリーが担当した。なお、本作は初のディズニー、ギャガの共同配給作品。両社は本作以降もパートナーシップを継続すべく関係性を構築していくと表明している。

「DANGAL」は、東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー。

最終更新:12/6(水) 18:00
映画ナタリー