ここから本文です

フィリップス、スマートLED照明“Hue”を動きでコントロールできる「モーションセンサー」

12/6(水) 16:01配信

Impress Watch

 フィリップスは、スマートLED照明「Philips Hue」のアクセサリーとして、人の動きを検知して、照明をコントロールする「Philips Hue モーションセンサー」を12月上旬より順次発売する。価格はオープンプライス。市場想定価格は4,400円前後(税抜)。

【この記事に関する別の画像を見る】

 フィリップスのスマートLED照明「Philips Hue」を操作できるモーションセンサー。本体から発する赤外線センサーで動作を感知し、自動的にHueを点灯できる。点灯してから消灯するまでの時間は、アプリで細かく設定できるほか、1台のモーションセンサーで3箇所までの部屋を一度に操作できるなど、一般的なセンサーライトよりも多機能な点が特徴。

 専用のアプリでは、日中と夜間の2つの時間帯を設定できる。例えば、日中は白色系の明かりに、夜は常夜灯のようなほのかな明かりになど、好みの明かりを設定できる。また、センサーが反応した時に、点灯するライトの場所を自分で設定できるので、例えば、寝室のベッドの下にモーションセンサーを配置し、夜中トイレに起きたら、廊下や洗面所のライトを点灯させるなど、これから行く場所の明かりをつけるという使い方も可能。

 そのほか、本体には日光感度センサーを備えており、日中、日光が十分に明るいときは点灯しない。この明るさ設定も、専用アプリで行なえる。

 使用時には、スマートLED照明「Philips Hue」のブリッジと連携させる。稼働距離は、ブリッジ・モーションセンサー間、モーションセンサー・Hue間、いずれも約12m。モーションセンサー本体の感度は約5m、100度。

 電源は、単四形乾電池2本で、寿命は約2~3年。配線不要で、設置は付属のマグネットを用いるか、そのまま置いて使うこともできる。本体サイズは55×55×30mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は65g。

 Hueは、Google HomeやAmazon echoにも対応するなど、使用シーンの幅を次々に拡大する。Hue専用のアクセサリーとしては、壁付けスイッチにも、リモコンにもなる「Dimmer スイッチ」、あらかじめアプリで登録した4つのシーンを割り当て、スイッチをおすだけで簡単にオン・オフ操作できる「Tap Switch」を既に展開しており、モーションセンサーは3つ目となる。

家電 Watch,阿部 夏子

最終更新:12/6(水) 16:01
Impress Watch