ここから本文です

<ベネズエラ>国連大使を解任 大統領と対立深め

12/6(水) 20:59配信

毎日新聞

 【ニューヨーク國枝すみれ】南米ベネズエラのラファエル・ラミレス国連大使が5日、マドゥロ大統領に解任された。故チャベス前大統領の右腕だったが、後継のマドゥロ氏と対立を深めていた。

 マドゥロ氏はベネズエラ経済の基盤である石油産業を舞台に汚職追及キャンペーンを続けており、ロイター通信によると、8月から約50人が逮捕された。

 ラミレス氏は、石油・鉱業相やベネズエラ国営石油公社(PDVSA)総裁を長く務めた業界の「ドン」で、現政権の経済運営に批判的な立場で知られていた。マドゥロ政権になって石油・鉱業相を解かれ、2014年9月に外相、同年12月には国連大使に任命されていた。

 ラミレス大使は5日、自身のツイッターに「4日、マドゥロ大統領の要求により、国連大使を辞職した。意見の違いが原因だ」と書き込んだ。また、4枚にわたる外相宛ての手紙を公開した。その中で「すべて国民は(石油)産業が社会的、経済的進展に貢献したと分かっている。それを攻撃することは、エゴで意地悪な政治的計算の結果に過ぎない」とマドゥロ氏を非難した。

 ベネズエラは主要な輸出品である石油の国際価格の下落で深刻な財政難に陥っている。

最終更新:12/7(木) 4:07
毎日新聞