ここから本文です

【巨人】えっ!?野手の柿沢がリリーフ登板 落ち着いて135キロ直球で1回無失点

12/6(水) 20:37配信

スポーツ報知

 巨人の柿沢貴裕内野手(23)が6日、台湾で行われているアジア・ウィンター・リーグで投手として登板した。

 NPBイースタン・リーグ選抜の一員として参加しているが、日本社会人選抜戦の大量ビハインドの8回途中からロッテ・島に代わり緊急登板。左打者を135キロの外角直球で遊ゴロ併殺打に打ち取るなど、1回1安打無失点と好投した。

 柿沢は神村学園高時代、外野で出場しながら投手も務めていて、甲子園でマウンドに上がったこともある。楽天入団後は内野手として経験を積み、小山とのトレードで今年から巨人に加入した。

 プロでは野手に専念しているが、緊急登板でバッテリーを組んだのは昨年、楽天でチームメートだった堀内。落ち着いて投手としての役割を果たしてみせた。

最終更新:12/6(水) 21:00
スポーツ報知