ここから本文です

核爆発への対処法を特集=北朝鮮有事想定か―中国吉林省紙

12/6(水) 19:42配信

時事通信

 【北京時事】中国の共産党吉林省委員会の機関紙・吉林日報が6日、「核兵器の常識と防護」と題する1ページの特集記事を掲載した。

 同省は北朝鮮と国境を接しており、核開発を続ける北朝鮮有事を想定したものとの見方も出ている。

 記事では、核兵器による攻撃や事故が起きた場合の身の守り方や除染の仕方をイラスト付きで紹介。屋外にいる場合は「閃光(せんこう)から目を避け、2秒以内に近くの物陰に伏せる」、屋内の場合は「机の下などに隠れ、衝撃が収まったらドアや窓を閉め放射性物質の侵入を防ぐ」などと指示している。 

最終更新:12/6(水) 19:44
時事通信