ここから本文です

【清水】契約更改スタート 西部がプロ20年目J1通算300試合達成に照準

12/7(木) 7:13配信

スポーツ報知

 J1清水エスパルスは6日から契約更改をスタート。今季限りで契約満了となる最年長のGK西部洋平(37)が延長の提示を受け、プロ20年目の来季に意欲を示した。

 今季は左太もも裏肉離れなどで長期離脱。公式戦の出番はなかった。「年齢を考えればクビになってもおかしくなかったし、そうなったら引退と思っていた」と守護神。「チャンスをもらった。達成しないでは終われない」とあと2試合に迫っているJ1通算300試合出場に照準を合わせた。

 シーズン終盤には選手ミーティングを呼びかけてチームの結束を高め、残留に大きく貢献。クラブはそうした姿勢も高評価しており、内藤強化部長は「精神的に支えてくれた。引き続き“プロたるもの”をプレーや言葉で(若手に)教えてほしい」と期待を込めた。「来年は勝負の年」と西部。目標は40歳まで現役。まだまだ走り続ける。(武藤 瑞基)

最終更新:12/7(木) 7:13
スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報