ここから本文です

米のエルサレム首都認定、菅義偉官房長官「重大な関心持ち注視」

12/6(水) 12:27配信

産経新聞

 菅義偉官房長官は6日午前の記者会見で、トランプ米大統領が中東のエルサレムをイスラエルの首都と認定する方針であることについて「米政府は現時点で公式な表明を行っていない」としたうえで、「わが国としては動向に重大な関心を持って注視していく」と述べた。

 トランプ氏はイスラエル西部テルアビブにある米国大使館をエルサレムに移転する計画を策定するよう国務省に指示する見込み。

 菅氏はテルアビブにある日本大使館について「移転する考えは持っていない」と述べた。

 イスラエルはエルサレム全域を首都と主張しているが、パレスチナ自治政府は東エルサレムを将来の首都と位置づけている。

 菅氏は会見で「(日本は)イスラエル・パレスチナ間の紛争の解決を支持しており、エルサレムの最終的地位の問題も含め、当事者の合意に基づいて交渉によって解決すべきだ」と指摘した。

最終更新:12/6(水) 12:27
産経新聞