ここから本文です

「プロヒューモ事件」で当事者のC・キーラーさん死去

12/6(水) 23:07配信

産経新聞

 【ストックホルム=岡部伸】冷戦時代に英政界を揺るがせた「プロヒューモ事件」で当事者となった元高級コールガールのクリスティーン・キーラーさんが4日、英南部ファーンバラの病院で死去した。75歳。肺の病気を患っていた。

 キーラーさんは1942年にロンドン郊外で生まれ、モデルやダンサーとしても活動。60年代に、英陸相だったプロヒューモ氏と在英ソ連大使館の海軍武官、イワノフ氏と同時に性的関係を持っていたため、機密情報流出疑惑が報じられた。英政界が混乱し、プロヒューモ氏は辞任に追い込まれ、保守党は64年の選挙で大敗した。

 スパイ事件の当事者としてキーラーさんはメディアに登場したが、晩年は名前を変えて暮らしていた。

最終更新:12/6(水) 23:07
産経新聞