ここから本文です

災害時生活物資供給協定を締結 南相馬市とヨークベニマル

12/6(水) 10:28配信

福島民報

 南相馬市とヨークベニマル(本社・郡山市)は5日、「災害時における生活物資等の供給協力に関する協定」を締結した。
 南相馬市で災害が発生するか発生の恐れがある場合、ヨークベニマルが協力要請を受けて必要な物資を優先的に供給・運搬する。物資は食料品、炊事用具、食器類、日用雑貨と多岐にわたる。
 市役所で調印式を行い、桜井勝延市長と佐藤三治ヨークベニマル仙南ゾーンマネジャーが協定書に押印した。桜井市長は「市民に安心感をもたらす心強い協定。さらなる信頼関係を構築し、お互いの発展につなげたい」とあいさつ。佐藤ゾーンマネジャーは「新たな形で地域社会に貢献できることはうれしい。地域とのつながりも強固になる」と述べた。
 南相馬市が企業や団体などと災害時協定を結ぶのは20件目。ヨークベニマルが県内の自治体と協定を結ぶのは県を含めて9件目となる。

福島民報社

最終更新:12/6(水) 13:33
福島民報