ここから本文です

チバニアン地層は最強パワースポット!? 住みます芸人うっほが行ってみた

2017/12/6(水) 13:26配信

ちばとぴ!チャンネル

皆さん、こんにチバ!
千葉で流行らせようと思い、やり始めて7年目に突入しました、挨拶ギャグです!
どうも見た目ゴリラ似で中身は人間のうっほ菅原です。(千葉県住みます芸人チャンネル)

2017年11月13日、世界を驚かせるニュースが発表されました。
地球の歴史のうち77万~12万6千年前が「チバニアン (千葉時代)」と名付けられる見通しとなったいう記事でした。

これにより、ジュラ紀、白亜紀のように「チバニアン」という時代が出来る見通しとなった歴史的快挙の吉報は、千葉県全域を通し日本を驚かせました。今じゃ千葉県関係者は大喜びのお祭り騒ぎ、だと肌で感じております。うっほ本人談。

イタリアに決まってたら「イタリアン」で美味しそうだったのか?と、くだらない事も思いついて自分の幼稚さに恥ずかしくなりました。
一番その波に乗っかりたいのは芸歴15年目鳴かず飛ばずの俺自身だよ!という事で実際に現地に車を走らせました。

国道295号田渕会館看板と信号が目印です

場所は国道295号沿い、ブラックバスフィッシングでおなじみ高滝湖と、癒しの地で最強紅葉スポット・養老渓谷の間。
ちょうど紅葉の季節と相まってか、県内だけでなく関東各地のナンバープレートを付けた車が所狭しと駐車。ツーリンググループのバイクも停まっており、アンテナの高い観光客ですでに賑わってました。

◆景色も綺麗で、川の水も透明!

夏なら沢遊び、秋なら紅葉と年中遊びどころのある千葉の内陸部は、最近では流行語にもなった「インスタ映え」する濃溝の滝や、大きな一枚岩の壁の切り通しなどでといった注目スポットが次々と登場しています。

実際の市原市田渕のチバニアンはどうか?

素人が見た感想は「どこにでもある地層」でしかありません。

77万年噴火したとされる長野県・御嶽山の火山灰の白い地層も見受けられますが、説明がないと何が何だかわからないのが正直な感想。

しかし!ここからが本当に伝えたい事!!!

こちらは何と「最強パワースポット」として、地域の方々や有志の方々が発見当初からアピールしていたのです。

「地磁気逆転の様に、人生も逆転させましょう」
地磁気逆転のパワーからしてみたら、人間1人の運気を逆転させることなんていとも簡単に出来てしまうように思えました。

俺は密かにその地層を触り手を汚して地層の感触を確かめました。

結果、ただの泥でした。

そして、俺の手の甲の黒さとほぼ同系色でした。

マンモスやナウマンゾウが悠然と闊歩し、ネアンデルタール人やジャワ原人が狩りをして生活していた悠久の時。そこに自分の姿を重ねながら。

うっほ→ゴリラ→猿人

見た目が似ている!ただいま!と言ってその時代に帰りかけたとか、かけなかったとか。

◆ライブは大成功!取材多数!仕事依頼も舞い込む様に!!

実際にそれからというもの、今までにない仕事が舞い込み(週間プレイボーイ12月4日インタビュー掲載)、彼女なしの40歳独身ではありますが…順調です!!

捉え方一つかも知れませんが、なんともユーモアのある面白い発想だと思いました。

今まで有志で世間の注目もなかった頃からチバニアンをアピールしてきた地域や関係者の方々。彼らの並々ならぬ努力も、イタリアンじゃ無く「チバニアン内定」という「大逆転劇」をみせて、その地がパワースポットである事を自ら証明しているじゃありませんか!!

皆さんも是非、市原市田渕に足を運び運勢逆転を狙ってみてはいかがでしょうか?

ちなみに足元が悪いので登山靴か長靴で行く事をお勧めします!

注意※うっほ菅原の手は泥のついてない綺麗な状態です。

あっと!もう一つ注意しなければいけない事がありました!
間違ってチバニアンの下の層を触ってはいけません!
その地層の名前が「カラブリアン」と空振りしてしまいそうな名前でしたからお気をつけ下さい!

最終更新:2017/12/6(水) 13:26
ちばとぴ!チャンネル