ここから本文です

全国20万人。3回の定点調査で見えていた「希望の党」の失速と自民党の圧勝。衆院選 情勢調査の裏側に迫る

2017/12/6(水) 7:00配信

選挙ドットコム

全国20万人。3回の定点調査で見えていた「希望の党」の失速と自民党の圧勝。衆院選 情勢調査の裏側に迫る

選挙ドットコムでは先の衆議院議員選挙において、電話調査サービス「リサーチコム」のルーシッド株式会社と合同で、18歳以上の男女20万人を対象にした全国電話世論調査を3週連続で行いました。


今回の調査では、全国一律ではなく「比例11ブロック」に調査エリアを分け、さらに各都道府県別でサンプルを集計しました。全国11ブロックごとに調査分析を行うことで、より地域の特性が現れたリアルな情勢をお伝えできるよう努めました。衆院選期間中、選挙ドットコムには2,000万を超えるアクセスがありましたが、中でも情勢調査記事は大きな話題となりました。

今回は、大きな注目を集めた全国電話世論調査の「裏側」に迫るべく、電話調査サービス「リサーチコム」を提供するルーシッド株式会社代表取締役の今村玲子氏と、同社執行役員COOの四方涼子氏、選挙プランナーの松田馨(選挙ドットコム株式会社 取締役)の3名で鼎談を行いました。コーディネーターは選挙ドットコム編集長の増沢諒が務めます。

急な解散… 翌日には調査開始

-選挙ドットコム編集長 増沢 諒(以下、選挙ドットコム 増沢)
希望の党の惨敗と立憲民主党の躍進、そして自民党の圧勝という結果に終わった今回の衆院選でしたが、選挙ドットコムとルーシッド株式会社では3週連続で「毎週日曜日」に電話世論調査を行い、取材も加味した情勢分析記事を掲載してきました。今日はこうした世論調査の裏側に迫りたいと思います。よろしくお願いします。



-ルーシッド株式会社代表取締役 今村玲子氏(以下、ルーシッド株式会社 今村氏)
よろしくお願いします。多くの方に記事を読んでいただけたこと、嬉しく思います。選挙ドットコムさんと共同調査の打ち合わせを9月中旬に行っていた際には「解散は年末ですよね・・・?」と話していたのを覚えています。ですが、翌週に急遽解散が決まり、大急ぎで準備に取り掛かりました。



- 選挙プランナー 松田馨
衆院選は、他の選挙と違って任期中に解散があるため「いつ選挙が行われるか」が直前まで分かりません。今回の衆院選も解散時期については12月説や年明け説もありましたし、9月28日の解散が決まってからは、とても慌ただしかったですね。



-選挙ドットコム 増沢
急な解散にも関わらず「全国20万人を対象に、11ブロック別で、都道府県ごとにサンプルを取ってほしい。しかもすぐに」というこちらの無茶な要求に答えていただき、ありがたかったです。おかげさまで、速報記事も出せましたし、毎週日曜日に電話調査を行い翌日には集計結果をもとに選挙ドットコムが取材で得た情報を加味して、数値の補正や分析を行い、記事として掲載することができました。



-ルーシッド株式会社執行役員COO 四方涼子氏(以下、ルーシッド株式会社 四方氏)
ありがとうございます。今回の衆院選で多くの方に調査結果を見ていただけた理由の1つに、「スピーディーに調査・集計・分析を行えた」という点もあったかと思います。

毎週日曜に調査を行っていましたが、いちばん大変だったのは、実は10月1日に実施した第1回調査でした。調査前日の30日(土)の夕方に、小池都知事と松井一郎大阪府知事が会談を行い、小選挙区では大阪・東京で候補者の擁立を調整することを急遽発表しました。11ブロック別での調査でしたので、該当するブロックでは速やかに電話調査のスクリプト(調査文言)の変更を行いました。

1/5ページ

最終更新:2017/12/6(水) 7:00
選挙ドットコム