ここから本文です

光の街UBE紹介第2回 チャイルドドリーム

2017/12/6(水) 13:34配信

宇部日報

宇部市青少年会館で子どもたちが飾り付け

 山口県宇部市青少年会館(星出の森)のイルミネーション「チャイルドドリーム」は宇部市子ども会育成連絡協議会(池田昌史会長)の作品。この場所が宮大路動物園だったのにちなんで、16万5000個の発光ダイオード(LED)で光の動物園を表現している。

 各校区の子ども会が製作した青色LEDのツリーが並ぶ青の小道を抜けると、テナガザルやライオン、オットセイなどのイルミに次々に出合える。10月半ばごろから土日を利用して、子どもたちがこつこつと飾り付けた。池田会長は「来年の山口ゆめ花博にちなんだ花畑イルミを製作中で、クリスマス前までには追加設置する」と話す。点灯時間は午後5時半~9時半で、会期は1月5日まで。

最終更新:2017/12/6(水) 13:34
宇部日報