ここから本文です

TSUTAYAが新宿に“本”のあるくつろぎ空間&ワーキングスペースをオープン

12/6(水) 15:52配信

Fashionsnap.com

 TSUTAYAが12月6日、本を軸としたくつろげる空間とワーキングスペースを提供するコモンリビングをコンセプトとした「ツタヤ ブック アパートメント(TSUTAYA BOOK APARTMENT)」を新宿ミニムビルI・IIの4~6階にグランドオープンした。24時間営業で、利用料金は1時間500円。全フロアにフリーWi-Fiを完備している。

【内観写真7枚】女性にはありがたいパウダールームも

 TSUTAYAは、新宿には「くつろげるスペースやリラックスできる場所がない」といった不満を持つ人が多いという同社による調査結果に基づき、「ツタヤ ブック アパートメント」では新宿で一番くつろげて落ち着ける空間を創造し、本との新しい出会いの場を提供することで新しい購入のスタイルを提案するという。

 4階のコワーキングスペースには電源、プリンタ、iMacおよびiPadを完備。さまざまなエンターテインメントイベントやワークショップの開催を予定している。5、6階は靴を脱いでゆったりとリラックスできる共有スペースで、ロッカーやシャワールームを完備。6階は女性専用フロアとなっており、パウダールームや女子会も開けるような12人掛けの畳エリアも用意する。全フロアに本を配備。気に入った本は購入でき、「ツタヤ ブック アパートメント」利用者はTポイント2倍の特典を用意する。

最終更新:12/6(水) 15:52
Fashionsnap.com