ここから本文です

15秒でわかる2017年12月5日【浅野忠信さんの父 覚せい剤使用で逮捕~白タク指南役 韓国籍の男を逮捕】

12/6(水) 6:00配信

ホウドウキョク

ホウドウキョク

12月5日のニュース映像を15秒でチェック!
・浅野忠信さんの父 覚せい剤使用で逮捕
・白タク指南役 韓国籍の男を逮捕
・多摩川で禁止の網漁 ベトナム人を書類送検
・年収が800万円超の会社員を増税へ

・浅野忠信さんの父 覚せい剤使用で逮捕
俳優の浅野忠信さんの父親で、所属事務所社長の男が、覚せい剤使用の疑いで、警視庁に逮捕されていたことがわかった。
芸能事務所社長の佐藤幸久容疑者(68)は、11月30日未明、東京・渋谷区の道玄坂の路上で、警察官に職務質問された際、ガラスのパイプを所持していたという。
このため、警視庁が渋谷警察署で尿検査を行ったところ、覚せい剤の陽性反応が出たため、佐藤容疑者を覚せい剤を使用した疑いで逮捕した。
調べに対して、佐藤容疑者は、「自らの意思で使ったことに間違いありません」と容疑を認めていて、警視庁は、覚せい剤使用の経緯などについて、捜査している。
佐藤容疑者は、俳優の浅野忠信さんの父親で、浅野さんらが所属する芸能事務所の社長。

・白タク指南役 韓国籍の男を逮捕
白タクで、1,000万円以上を稼いでいたとみられている。
韓国籍で個人投資家の朴昶柱(パク・チェンジュ)容疑者(49)は、2017年4月、タクシー営業の許可がないのに客を東京・港区から新宿区まで乗せ、報酬を受け取った疑いが持たれている。
朴容疑者は、白タク事件ですでに逮捕された2人の指南役で、3~4年前から、羽田空港と新宿・歌舞伎町の間の送迎で、1,000万円以上を稼いでいたとみられている。
朴容疑者は、「家族とアメリカに移住するためにお金が必要だった」と容疑を認めている。

・多摩川で禁止の網漁 ベトナム人を書類送検
東京・稲城市の多摩川で、禁止されている網を使って、魚をとった疑いでベトナム人の男3人が書類送検された。
ベトナム人の男らは、多摩川の岸から20メートルを超える大きな網をうち、魚をとっていたという。
東京都の内水面漁業調整規則違反の疑いで書類送検された、ベトナム人の20代から30代の男ら3人は、2016年12月、稲城市の多摩川で禁止されている「三枚網」という漁具を使った疑いが持たれている。
釣り人は、「ルール違反、網はよくないよね。モラルじゃないの、単純に」と話した。
調べに対して、男らは、「食べるためにフナをとった」と容疑を認めている。
この規則は、水資源を守るためのもので、対象区域では、釣りざおを使うことは認められているが、網での漁は禁止されている。
この規則で摘発されるのは、都内では初めてとなる。

・年収が800万円超の会社員を増税へ
2018年度税制改正の焦点の1つである、所得税改革について、政府・与党は、年収が800万円を超える会社員を増税する方向で、最終調整に入った。
今回見直されるのは、収入から一定額を差し引いて税負担を軽くする、所得控除という仕組み。
最終案では、全ての納税者が対象の基礎控除は、現在の年間38万円から48万円へと、10万円引き上げられる。
一方で、会社員向けの給与所得控除を、年収800万円を超えると、年間190万円で頭打ちになるよう、引き下げる。
この結果、年収800万円を超える会社員は増税となる。
例えば、年収850万円では年間1万5,000円程度、900万円では3万円程度、950万円では4万5,000円程度の増税になる。
ただし、22歳以下の子どもや介護が必要な人がいる世帯は増税にならないようにし、増税対象は全体の5%程度で、税収は1,000億円程度増える見込み。

最終更新:12/6(水) 6:00
ホウドウキョク