ここから本文です

今年1位はシャンシャン、全国から応募 あなたが選ぶ今年の世相、さいたまの人形店が形に

2017/12/6(水) 10:31配信

埼玉新聞

 今年1年の世相を雛(ひな)人形で表現する「変わり雛」が5日、埼玉県さいたま市岩槻区の人形の「東玉」で発表された。一般公募による今年の題材の1位には、6月に東京の上野動物園で生まれたジャイアントパンダの赤ちゃんをかたどった「こんにちは赤ちゃん 香香(シャンシャン)雛」が選ばれた。

 変わり雛は、1975年に同社の人形職人が遊び心で作ったのが始まり。80年からは題材となる、印象に残ったニュースや社会現象などを一般募集している。38回目の今年は、はがきやインターネットなどで全国から2779通の応募があった。

 683通で1位となった「赤ちゃん香香雛」は、香香が親子3頭で仲良く寄り添う様子を表現。2位は将棋の加藤一二三九段と中学生棋士、藤井聡太四段の「世代交代 対局雛」、3位は安倍晋三首相と小池百合子都知事の「希望届かず総選挙雛」、4位は「みやぞん・ブルゾン大ブレイク雛」、5位は「真央ちゃん・藍ちゃんありがとう雛」となった。

 同社の戸塚大介社長(46)は「今年は新しい力、世代交代が注目された年。職人も楽しみながらかわいい人形を作ることができた。皆さんにご覧いただき、楽しんでいただければ」と話していた。「変わり雛」は来年5月5日まで、東武岩槻駅前の同社総本店で展示される。

最終更新:2017/12/6(水) 10:31
埼玉新聞