ここから本文です

フランコ・セルブリン、優雅な曲線のスピーカーLIGNEA発売。74万円

12/6(水) 12:50配信

Stereo Sound ONLINE

楽器制作にも用いられる木材を使用

 イタリアのスピーカーブランド STUDIO FRANCO SERBLIN(スタジオ フランコ・セルブリン)から、特徴的なデザインを持ったスピーカー「LIGNEA」(リネア)が12月1日より発売中だ。価格は74万円(ペア、税別)。

【画像】製造工程を見る

 LIGNEAは、ktema(クテマ、2010年)やAccordo(アッコルド、2011年)といったスピーカーを生み出した故フランコ・セルブリン氏の生前のスケッチを元に、氏の愛弟子であり娘婿のファヴェッラ氏が作り上げたスピーカー。

 エンクロージャーの素材選定からクロスオーバーネットワークの製作などに数年をかけ、氏が鬼籍に入ってから4年、ようやく形となった。

 エンクロージャーは平行面のない独創的な形状をしており、メインキャビネットには楽器などにも用いられる音響特性に優れたTiglio(ティグリオ、和名:菩提樹)という材料を使い、背面の形状は、複数の木材を組み上げて仕上げるという手の込んだものとなっている。

 型式は2ウェイ、バスレフ型で、ユニットはトゥイーターには27mm径のドーム型を、ウーファーには110mm径のコーン型(カスタムメイド品)を搭載している。スピーカーターミナルはシングルワイヤリングだ。

Stereo Sound ONLINE

最終更新:12/6(水) 12:50
Stereo Sound ONLINE