ここから本文です

蒼井翔太、日本各地の「グッパー」に興味津々!

12/6(水) 17:30配信

TOKYO FM+

声優・アーティスト・俳優として幅広く活躍中の蒼井翔太。11月29日(水)放送のレギュラーラジオ番組では、先日、蒼井が出題した福井県の方言クイズ「おぼこい」の答え合わせからスタートしました。

【東京の「グッパー」はパリピ感満載?】

まずは、先日、蒼井が出題した福井県の方言クイズ「おぼこい」について、番組リスナーから寄せられた回答をご紹介します。

◆長崎県リスナーの回答「『おぼこい』は、ボコりたいという気持ちを丁寧にいうこと」

この回答に蒼井は、「なるほどね、おもしろいな! ちょっと使いたいな。『まじ、おぼこいわ~』って(笑)」とコメント。福井県出身の蒼井によると、正解は「幼い・子どもっぽい」。「『可愛いね』のニュアンスも入ってます」とのことです。

また、チーム分けの際に使用することの多い「グッパー」(じゃんけんのグーとパーで2組に分ける際のかけ声)について、「群馬県では『ぐっとーぐとぐとグッとーパッ』と言うことに驚いた」というリスナー情報も寄せられました。ちなみに、東京都出身の番組ディレクターは、「グッパー、ジャス」と言っていたそうです。

「何?……『ジャス』って。『ジャスト』ってこと? パリピ感、満載じゃない?(笑)。僕は、『グーとーパーでー分かれましょ!』でした。『ぐっとーぐとぐとグッとーパッ』のリズムはいいですね。なんか、『ぐっつーぐつぐつ煮込んでます!』みたいな(笑)。そんな感覚にもなりますよね」

各地の方言や言葉遊びに、興味津々の蒼井。引き続き、方言や風習、小さい頃に学校やその地区で流行っていた遊びがありましたら、ぜひ、番組までメールをお送りください!

【坦々麺に入れたい隠し味は?】

蒼井翔太が毎回新しい食材や食べ合わせにチャレンジし、食レポを行う「翔太めし」のコーナー。今回は、東洋水産の「マルちゃん 豆乳ごま担々うどん」に挑戦しました!

コシのあるなめらかな太めのうどんに、練りごまの旨みと香辛料の辛みをバランスよく利かせた、コクのあるごま担々スープ。つゆには豆乳パウダーが使用されているため、まろやかな味わいが楽しめるのだとか。

「担々麺、僕、大好きなんですよ。どんなラーメン屋さんに行っても、『ここのラーメン屋さんは、このラーメン』っていうものが自分の中でない場合は、ほとんど担々麺を頼んじゃいます」

液体スープを投入すると、担々麺らしいラー油のようなオレンジ色に。蒼井好みの色味となったところで、勢いよく麺をすすります。

「僕は、担々麺に必要だと思っているものがあるんです。それは、『ピーナッツバター』。隠し味に入れると、またちょっと甘さが出て、たぶん美味しいと思う」

「あとは、やっぱりご飯が合うよね。麺を食べて、それでもちょっとお腹が空いてる人は、ご飯が余っていればそれを入れてみてもいいし。あとはフライパン(や鍋に)に(スープを)入れて、ご飯と溶いた卵を入れて、おじやにしてもいいかもしれないですね」

(TOKYO FM「蒼井翔太 Hungry night」11月29日(水)放送より)

最終更新:12/6(水) 17:30
TOKYO FM+